2005年10月04日

ゴールデンルールで生き、プレミアムルールを超えるのだ!

ようこそ、また見てくれて、ありがとうございます。
では、お話のつづきをしましょう。

5


「プレミアムルールを超え、ゴールデンルールで生きてください」
起業、独立人気blog
ああっギャル社長が・・
 



スター「ゴールデンルールとは自分がしてもらってうれしいことを相手にしてあげるということじゃ。とは言っても毎回そうじゃなくて、相手に合わせ適応していくことが、大切じゃ。その人だけでなく他の人も何を欲しがっているか理解することだ。」
僕  「それは、大切なことですね。」

スター「簡単なサイトで一月で何十万の収入、休暇をとれるのをお前が思うならそれはなかなか現実味がない話だ。」
僕  「うーん(残念)」

スター「私を誤解しないで欲しい。ある近くには現実的なおもしろいこともある。私はそういうビジネスが非常に好きだ。しかし、この簡単そうで、いまくいかない人が、わかってない基本を知って欲しい。」
僕  「はい(その、おもしろいこと知りたいな)」

スター「お前がもし仕事を自動化しても、お前か違う誰かがお客さんと接する必要はあるであろう。たしかに効率化を考えるとき 仕事のシステムを自動化するのは奨励する。しかし、お客さんと接するときかれらの言うことを慎重に聞くようにするのだ。それに合わせていけるのが、ゴールデンルールだ。」
僕  「でも、どうやって?」
スター「それは、やることによって変わるので一概には言えない」

スター「インターネットのデジタル製品の消費者としての私の経験はかなり変えられた。考え深く、明確化を求める簡単な要求に応じたそれらの会社が、私のビジネスの多くを得たのだ。」

スター「私は、個々の必要性と願望において考え深くて、思いやりがある態度ですべての人を扱った人間が、インターネットで、より多くの製品とサービスを販売しながら成功していったのをよく知っているのだ。」

トントン ガチャ!
新しいスターの客人が来たようだ。

☆1  「おやっさん、また説教してるの?」
スター「じゃまをするな」
☆1  「おやっさんの言う基本的なことは非常に大事だ。それなくして成功はしにくいだろう。でも、そればっか聞いてても飽きてくるだろ。俺がどうやって成功したか
内容の基本的なこと教えてやるよ!」
スター「まだ、はやい」
☆1  「いいから いいから」


6






「7日でオンラインでお金を作り出すプラン」

僕  「おもしろそう(待ってました!)」

て感じでインターネットマーケティングで成功した10の法は3つ目で休憩します。


もっと凄いブログが、起業、独立の人気blog
ここで、次回へ To Be Continue...
この物語はフィクションです。
※英語未熟児ですのでまちがって解釈してたらゴメンナサイ。

あなたのためになる、よい記事を書いてくことを目指しますので
どうか 清き一票をお願いします。



清き一票を、ありがとうございます
本当にご来店、ありがとうございました 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eprince/50072320